部内交流セッション「探究の進捗をシェアしよう」

オンラインセッション4回目は、これまでの全体での探究スキル塾・メコン塾を参考にしつつ各自が進めてきた探究の様子を、せかい探究部メンバー内で共有してもらうセッションを試みました。

設定したテーマ・リサーチクエスチョン、これまでそのテーマに対して自分なりに進めてきた内容ややり方、ここまでの発見やそのテーマに自分がわくわくするポイント/理由などを、互いに話してみました。

また、現在の探究活動のフェーズとしては、いずれまとめていく論文の序論にも位置付けられる、テーマの設定とそれについて先行研究や情報収集でわかった事柄、そこから自分の探究のリサーチクエスチョンにつながるストーリの文章化に取り組んでもらっています。
今年はコロナの影響もあり学校のスケジュールもイレギュラーで、夏休みの取り組みにできたら良いなと画策したスケジュール設定が、学期末のテストと重なってしまっていたりと、なかなか難しい・申し訳ないところもあったのですが、その中でもメンバーみなさん工夫して取り組んだり考えたりしてくれています。
文字化・文章化することはなかなか大変なことだと思うのですが、この先が楽しみな序論が出てきています。

何人かのメンバーには、そのファイルを画面でみんなで共有しながら、説明をしてもらいました。

これまで、月2回の限られた時間で、探究や研究に関する知識・技能、東南アジアの事柄など、触れてもらいたいものも多く、なかなか部員メンバーのみなさんが話す時間がうまく取れないなあというジレンマがありました。
今回も全然十分とはいえないのですが、やはり、メンバー自身が話すと良い!パワフルだ!、という当たり前のことを改めて実感する機会となりました。

急に振って話してもらったメンバーの中からも、「発表の機会があって良かった」「紹介してもらえて嬉しかった」という感想ももらい、もっと多くのメンバーにこういう機会を持ってもらえるようにしたいなあと思っています。

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る